当館の各部屋から望めるのは春なら桜、夏なら若葉、そして雄大な瀬戸内海。日本家屋の伝統技術が息づく和室は、懐かしさとともに最上のリラックスを約束してくれます。 翌朝は自慢の朝食を、レストランにてお召し上がりいただきます。

一番西に位置する5畳+テラスの角部屋。“竹の間”と称するとおり、天井の梁など至るところに竹が使われています。腐りにくく丈夫でしなる竹を使うのは日本家屋ならではではないでしょうか。

突き出した形の室内テラスは広々。角部屋ゆえの窓組みで自然に包まれているような感覚を味わえます。見下ろすと赤い太鼓橋も見えます。