当館の各部屋から望めるのは春なら桜、夏なら若葉、そして雄大な瀬戸内海。日本家屋の伝統技術が息づく和室は、懐かしさとともに最上のリラックスを約束してくれます。 翌朝は自慢の朝食を、レストランにてお召し上がりいただきます。

ほぼ正方形の8畳間。 欄間障子やどっしりとした床柱が伝統的な日本家屋を思わせます。海側が一面ガラスの室内テラスは自然をダイレクトに感じられるとても気持ちのいい空間です。

ガラス戸の設えやテーブルに椅子、化粧台まですべてが昭和初期のアンティークです。時を重ね、深みを増した家具たちも当館の自慢です。