花月が立つ須磨浦公園内は、淡路島を望む鉄拐山、鉢伏山を含む傾斜地と海岸沿いの松原から形成された景勝地で、歌人・松尾芭蕉にも詠われた地。現在はソメイヨシノ3200本などが植栽され、春には桜の名所としてたくさんの観光客が訪れる花見スポットに。さらに春だけにとどまらず夏は深緑、秋は紅葉が山を染めあげ、見るものを楽しませてくれます。

また、須磨浦公園駅からロープウェイに乗り、海抜246mの山上へと上ると遊園地・須磨浦山上遊園が待ちうけます。そこから眺める絶景は、神戸市街地から明石海峡大橋、淡路島まで見渡せる壮大な景色。眺望を楽しみつつ歩けるハイキングコースもあるので、ご家族連れはもちろん、カップルにもオススメです。

夏場は海水浴でにぎわう須磨周辺。神戸から明石にかけて、有数の海水浴スポット・須磨海岸にはじまり、舞子海岸、大蔵海岸、松江海岸と海水浴場が点在しています。どのスポットも車で約30分圏内ととても至便。また、夏以外の海の楽しみ方としては、陽光に輝く海、塩の香りを感じながらゆく海岸線ドライブ。夕暮れには播磨灘に沈んでゆく夕日が空も海も真っ赤に染め上げ、その景色には心が震えます。さらにもう少し足を伸ばし、明石海峡大橋を渡れば花の島・淡路島へも遠くない。近場でのんびり楽しみたいという方には当館からも徒歩8分の須磨海釣り公園でフィッシング、も素敵な選択です。

須磨の見所は自然だけではありません。西へ10分車を走らせれば三井アウトレットパークマリンピア神戸。東へ20分行けば神戸港の美しい夜景がロマンチックな神戸ハーバーランド、さらに東へ進めば全国でも有名なファッション発信地・三宮があります。また、三宮の山手・北野へ行けば雰囲気もガラリと変わり、異国情緒あふれる異人館通りが。多くの外国人が暮らしたコロニアルスタイル様式の住居が今も残り、目を楽しませてくれます。三宮から程近い元町の南京街で味わえる。本場の中華グルメもお楽しみのひとつになるはずです。