ここは港街神戸のなかでも異人達の別荘地として名を馳せた須磨の地。昭和13年、神戸市の迎賓館として建設された“須磨観光ハウス”が今の花月になりました。
スイスの山小屋をイメージした建物は、外壁に木骨をあしらうハーフティンバー様式を用いるなど、目を見張る建築技術とセンスで建築百選にも選ばれています。
 戦後からは宿泊も可能な料理宿として生まれ変わり、異人館のような外観や内観はそのままに、客室は伝統的な和室に仕上げ、絶妙な和洋の調和をお楽しみいただけます。

 昭和初頭の技術の粋を集めた妙は、館内にも色濃く残っています。今やアンティークとして価値の高いすりガラスの窓、風情のあるガス燈の照明が淡く照らすロビーやレストランスペース、昭和初期の香りがするノスタルジックな雰囲気が漂います。一方お部屋は伝統的な和室を採用しています。レトロな化粧台、欄間に床の間の純和風な設えなど、伝統的な日本家屋で、ゆっくり過ぎてゆく時の流れを思う存分満喫できるはずです。