「花」は毎年大輪の花を咲かせる桜から、「月」は芭蕉が憧れた“須磨の月”から。名が体を現すこの地で、移りゆく季節の表情と旬の美食を味わいつつ、ゆっくりと心を解きほぐす時を。 当館をより堪能していただくために、4つの角度から花月の楽しみ方を提案いたします。